あいウィメンズクリニック 不妊治療・検査のお問合わせはこちら
院内紹介 院長紹介 診療時間・アクセス(東京都・墨田区) お問合せ スタッフ募集
トップページへ 不妊治療について 不妊症の検査 不妊症の薬剤と治療法 治療スケジュール 原因別の治療

不妊治療法と不妊症の薬剤/排卵誘発剤


不妊症の薬剤と治療法・・・排卵誘発剤
排卵誘発剤は、排卵障害のある方はもちろんですが、
排卵が正常にある方でも妊娠率を向上させるために行う必要があります。


クロミッド クロミッドを服用すると、性腺刺激ホルモンの分泌が促進されます。

first choiceの薬剤として一般的によく使われています。

月経の5日目から5日間内服します。
副作用の少ない薬剤 (飲み薬) ですが、長期の服用により子宮内膜が薄くなり、受精卵が着床しにくく なってしまう方がありますので、超音波検査によるチェックが必要です。

多胎率(双子以上の発生率)はあまり高くなく、4〜5%と言われています。
hMG hMGは卵巣内の卵胞を育成させます。

脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)と同様の作用を持つ薬剤で、卵巣に刺激を与えて卵胞を育てる作用を持ちます。

月経の3日目頃より7〜10日間連続筋肉注射します。多胎率は20%と言われています。

また時に卵巣過剰刺激のため卵巣が一時的に腫大し、腹痛を起こすことがありますので使用する前に詳しく説明を致します。
hCG 卵胞を成熟させ、排卵を起こし、排卵後に黄体機能を維持します。

脳下垂体から分泌される黄体化ホルモン(LH)と同様の作用を持つ薬剤で、成熟した卵胞を排卵させる作用を持ちます。
hMGによる排卵誘発を行った時は必ず使用します。

また排卵後に黄体機能維持のために筋肉注射することもあります。
その他 その他の排卵治療薬です。 女性ホルモンの分泌を調整します。

テルロン、パーロデル
脳下垂体から分泌されるプロラクチンというホルモンの分泌を抑制する薬剤で、月経の2日目より連日服用します。高プロラクチン血症による排卵障害などに効果があり、また排卵率の向上や黄体機能の改善作用があります。


スプレキュア
脳下垂体からのLH、FSHの分泌を抑制する薬剤(点鼻薬)です。主に体外受精、顕微授精の時にhMGと併用し、採卵までに排卵してしまうことを抑える作用があります。また排卵を粒揃いに発育させたり、hMGの投与量を減らす効果があります。
コンテンツ
診療内容
不妊治療について
不妊症の検査
不妊症の薬剤と治療法
排卵誘発剤
人工授精
体外受精・胚移植
顕微授精
精巣内精子回収法
受精卵凍結、精子凍結
胚盤胞培養
アシステッドハッチング
よくあるご質問
不妊カウンセリング
夜間電話相談
患者様からのお便り
院内紹介
院長紹介
診療時間・アクセス
お問合せ
スタッフ募集

不妊症の検査・不妊治療のご予約はこちら

診療内容
不妊治療について
不妊症の検査
排卵因子の検査
卵管因子の検査
男性因子の検査
フーナー検査
抗精子抗体検査
抗ミュラー管検査
不妊症の薬剤と治療法
排卵誘発剤
人工授精
体外受精・胚移植
顕微授精
精巣内精子回収法
受精卵(胚)・精子凍結
胚盤胞培養
アシステッドハッチング
不妊治療スケジュール
原因別の治療
不妊治療の費用
治療成績
不妊治療費助成制度
Q&Aよくあるご質問
不妊カウンセリング
夜間電話相談
患者様からのお便り
お問合せ
院内紹介
院長紹介
診療時間・アクセス
個人情報保護方針
スタッフ募集

不妊治療専門医あいウィメンズクリニック(東京都墨田区)