あいウィメンズクリニック 不妊治療・検査のお問合わせはこちら
院内紹介 院長紹介 診療時間・アクセス(東京都・墨田区) お問合せ スタッフ募集
トップページへ 不妊治療について 不妊症の検査 不妊症の薬剤と治療法 治療スケジュール 原因別の治療

不妊症の検査/排卵因子の検査


不妊症の検査・・・排卵因子の検査
不妊症の原因となる、排卵異常があるかどうかを調べるための検査です。


基礎体温測定(BBT) 基礎体温で排卵に異常がないか調べます。

一般に二相性(山と谷がある)ならば、排卵があると考えられますが、二相性でも高温期が短かったり、一相性である場合は、排卵に異常があると考えます。
LH、FSH測定 TRHテスト 血液検査で、排卵障害の原因部位を測定します。

血液中のLH(黄体化ホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)、プロラクチンという3種類の下垂体ホルモンレベルを測定し、そのパターンにより排卵障害の原因部位を測定する検査です。

検査は月経周期5〜8日目に行います(要予約)
黄体機能検査 黄体ホルモンの分泌を血液検査で調べます。

排卵が起こると卵巣に黄体が作られ、プロゲステロン(黄体ホルモン) が分泌されます。このホルモンの分泌が少ないと、基礎体温の高温期が短かったり、ギザギザしたりして妊娠しづらい状態になります。

検査は高温期の中頃に血液で検査します。
超音波検査 超音波検査で排卵時期・排卵が起きたかどうかを検査します。

卵巣には卵子を内包した卵胞(らんぽう)があります。
この卵胞は排卵の時期が近づくにつれてFSHの作用で増大し、排卵直後には直径2cm以上になり、排卵後には縮小・消失します。

超音波検査で卵胞の大きさを測定(卵胞計測)することにより排卵時期を推定したり、また実際に排卵が起こったかどうかを確認することが出来ます。
また、不妊の原因となる子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮内膜症の診断にも使われます。

コンテンツ
診療内容
不妊治療について
不妊症の検査
排卵因子の検査
卵管因子の検査
男性因子の検査
フーナー検査
抗精子抗体検査
抗ミュラー管ホルモン
不妊症の薬剤と治療法
不妊治療スケジュール
原因別の治療
不妊治療の費用
治療成績
不妊治療費助成制度
よくあるご質問
不妊カウンセリング
夜間電話相談
患者様からのお便り
院内紹介
院長紹介
診療時間・アクセス
お問合せ
スタッフ募集

不妊症の検査・不妊治療のご予約はこちら

診療内容
不妊治療について
不妊症の検査
排卵因子の検査
卵管因子の検査
男性因子の検査
フーナー検査
抗精子抗体検査
抗ミュラー管検査
不妊症の薬剤と治療法
排卵誘発剤
人工授精
体外受精・胚移植
顕微授精
精巣内精子回収法
受精卵(胚)・精子凍結
胚盤胞培養
アシステッドハッチング
不妊治療スケジュール
原因別の治療
不妊治療の費用
治療成績
不妊治療費助成制度
Q&Aよくあるご質問
不妊カウンセリング
夜間電話相談
患者様からのお便り
お問合せ
院内紹介
院長紹介
診療時間・アクセス
個人情報保護方針
スタッフ募集

不妊治療専門医あいウィメンズクリニック(東京都墨田区)