不妊症の検査

不妊症の検査

不妊症の原因として頻度が高いのは、「排卵因子」、「卵管因子」、「男性側要因」の3つです。 この3因子が不妊の原因となっていないかどうか調べるために、いくつかの検査を施行します。 (基本的検査)

CHECK排卵因子の検査

排卵因子の検査 不妊症の原因となる、排卵異常があるかどうかを調べるための検査です。

CHECK卵管因子の検査

卵管因子の検査 不妊症の原因となる、卵管異常があるかどうかを調べるための検査です。

CHECK男性因子の検査

男性因子の検査 不妊症の原因となる、男性側要因があるかどうかを調べるための検査です。

CHECKフーナー検査

フーナー検査 性交後に子宮の入口の粘液(頚管粘液)を取って、 顕微鏡で生存精子の有無を調べる検査です。

CHECK抗精子抗体検査

抗精子抗体検査(保険適応外検査) 不妊症の原因となる、その他の要因があるかどうかを調べるための検査です。血液中の抗体を測定します。

CHECK抗ミュラー管ホルモン検査

抗ミュラー管ホルモン検査 抗ミュラー管ホルモンは、卵巣内にあるこれから育って排卵する卵胞から分泌されるホルモンで、その卵胞の数が少なくなるとAMH値も低下してきます。

CHECKERA検査

ERA(子宮内膜着床能検査) 胚の着床に最適な時期(着床ウィンドウ:着床の窓)を236個の発現遺伝子を解析することにより、明らかにする検査法です。

不妊治療・あいウイメンズクリニック

〒130-0013東京都墨田区錦糸1-5-14サンヨー堂錦糸ビル3F
診療時間:平日 午前10:00~12:30 午後3:00~6:00 土曜日 午前のみ
休診日:木曜日、日曜日、祝祭日
初診の方の受付は午前は12時まで、午後は5時30分までとなります。

不妊治療・検査のお問合せはこちら

TEL 03-3829-2522

FAX:03-3829-2501 E-mail:info@ai-w.com

©ai-w.com